最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4 学習環境をどうつくるか | トップページ | プログラム学習における思考の訓練について »

2007年8月 2日 (木)

5 トータルシステムを考える

5−1 教育時間は人によってちがう

知識注入、学級一斉の方式は、教育の期間をすべての学習者に一定にするという考え方を生み出しています。しかし本来学習の期間は、人によって違う方が当然なのです。学習者の到達点は誰もが一定の所まで到達すべきなのです。今すぐこういう方式に具体的に切りかえることはむずかしいのですが、そういう方向への努力が必要なのです。

5−2 目的に応じた多種な学習方式

学習の方式はそれぞれ目的に応じて考えられなければなりません。自然や社会の現象を整理し、認識する能力は一人一人がしっかり身につける必要があります。これは個別の学習でしょう。共同でワークし思考するという態度は、グループの行動で身につけるのでしょう。このように、目的とする行動能力に応じて学習の方式を生み出さなければなりません。

5−3 学習者中心の方式

従来学級教育方式で、なんでも教師が中心になってやってきた習慣があるので、多様な学習の方式が、教師に考えられなくなっています。教師が自分で働くのでなく、学習者を働かせる方式を考えて、多様な学習方式を生み出す必要があります。学習者は個別に行動することも必要です。グループで共同作業や集団討議をすることも必要です。それは学級のわくにとらわれていては不可能なのです。

5−4 教師の役割の転換

教師はこれまで、集団をうまくとりまとめて行くという仕事を中心にしてやってきました。集団の一人一人がどう成長するかでなく、その場その場で、集団がまとまって行けばよかったのです。そういう態度では、集団の中の一人一人を育てたり、その一人一人の力で集団の力がのびるということにはならないのです。教師は自分が中心になって、学習の場を取りつくろうということをやめるべきです。

5−5 教師のなすべきこと

教師の仕事の中心は、自分たちが受け持つ、集団の学習者の一人一人にどういう活動をさせるのか、どういう教材をあたえるのか、どうグループをつくるのか、一人一人といつ相談してやるのか、といったことを設計し、その動きをみてまた次の手を考えるという影の仕事にもっと重点をおくべきです。それには教師たちが共同して仕事をすることが必要です。集団の前で、講義をするという一人ぽっちの教師のイメージを捨て去る必要があります。ーおわりー

« 4 学習環境をどうつくるか | トップページ | プログラム学習における思考の訓練について »

「行動的人間を育てる学習システム」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162099/15980407

この記事へのトラックバック一覧です: 5 トータルシステムを考える:

« 4 学習環境をどうつくるか | トップページ | プログラム学習における思考の訓練について »