最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 考えさせるということ | トップページ | 「新教育と映画」(1950) »

2007年8月 6日 (月)

関心のもち方を整理すること

季刊教育フロンティアNo,1 教育出版1963 p8-15
「プログラム学習における思考の訓練について」

■関心のもち方を整理すること

ところでここまでくると、そのようの教師の考えに同調するばかりでよいだろうかという疑問がわくであろう。
ここでも一つ考え方を改めなければならぬ。教師は考え方を訓練するためには、考え方の訓練をするという立場に立って、教育をして行くのである。今までのように何かを説明してわからせるなどという考え方でない。覚えさせるという考え方ではない考え方を取るのである。つまり論理の使い方を訓練するのである。
どういう考え方を訓練するかは十分計画的にねらわれなけれならぬ。それは最も大切なことで、この論文の中で順々に論じてみたいと思っている。今はそこまで考えないが、ともかく、教師は現代の社会がもっているものの考え方を代表して、生徒を訓練しているのである。ただ教師個人の考えていることを押し付けているのでない。一つのことに様々な考え方があればそれをそれぞれ訓練して行くのである。そういう考え方に立てば教師の考えに同調するというのは、実はわれわれの社会がもっているものの考え方を、生徒もたどることができるように訓練するということなのだというように考えることができるであろう。そういうことができるようにしないでは、人を教育したことにならない。人を育てたことにならないのである。

 さて、ここでもう一つの問題が出て来る。それは予備的考察で問題にした第三のことと関係があることである。
そこで物を見て考えるというのは、話を聞いたり、本を読んだりしながら考えるのと非常にちがった要素があるということである。物を見て考えるというのは、その根底に関心がある。自分自身の関心のあり方が考える筋を動かすのである。人の話を聞いたり、本を読んだりするのは、その関心は相手のもっているものである。問いの出し方は相手のもので、自分はその点については相手に従っておればよいのである。

 ところが自分が物に対したときは、考え方を進める関心の方向も自分のものなのである。何を問い、何という答えを引き出すかは、見る人にかかっているのである。前にも述べたように、我々は石ころに向かって、これはおいしいかなどという関心をもたない。関心の方向が決まっているのは、石ころについてあることを知ってるからである。その関心の方向を身につけているからである。知らず知らずにもっているともいえるかも知れない。そこで、物に向かって考えることができるようにするには、関心のあり方を身につけさせるという訓練があらかじめなされなくてはならぬのである。
 ところが話を聞くのも、本を読むのも、もっと本質的に考えると、物にむかって考えているのである。それを教師がある符号であらわしているが、本当はその符号、つまり言葉で指示しているものは具体的な物事なのである。自然のことであったり、世の中のことであったりするのである。そしてそれだからこぞ、その話を聞くのはただ考えを進めるだけでなく、同時にその物に対する関心のあり方を知らず知らず受け取っている。それが自覚的に、計画的に行なわれないので、自覚的、計画的に受け取られていないというだけなのである。
 物に向かって考える場におかれると、その関心の方向が出て来るのである。なんとなくであるが、関心の方向は決まっている。常識的な関心の方向は、物を見るとすぐにでてくるその外面の形とか、色とか、大小とかいったものである。そういうものについて判断はだれでもできる。知らず知らずその中にそういう関心を身につけているのである。

 さて、科学などで物を見る、考えるときには、そういう常識より一歩進んだ関心の方向が必要なのである。それが根底になければ考えは進まない。そういう物に対して、その物はどのような問いを出すものとしておかれているかという物への関心のよせ方を訓練することは、科学的な思考というようなことを問題にする時には特に大切なのである。そういう訓練はこれまで行なわれていない。今までの教育は物への対し方ではなく、ある対し方で対してとらえた結果だけを断片として与えることに中心があったからなのである。それが暗記というような受動的態度を生み出してくるのである。

 ところで物に対して一定の関心の方向で対しているが、その関心の持ち方が転換して、新しい関心から考えが進められるとき、独創的などという、そういう独創的なものは、本当に独創的と言われるためには、在来の関心の方向の整理の上に、それぞれのアンチテーゼとして出るものであろう。独走とはでたらめな思いつきではない。在来の関心の整理と関係ないものではない。だから独創的思考とは、そういう思考の結果をいうのであって、それは生徒に要求することはできない。生徒を訓練するのはそのプロセスである。正しいプロセスをふませる訓練をしなければならない。一つの物に対して、どのような関心がもたれているのか、それを整理してみるということ、それ以外に関心の持ち方はないのか、というように考えてみること、それを通じて、結果として独創的なものが生まれることもあるであろう。訓練すべきことは、そういう態度をもたせることである。一定の関心は、一定の考え方を伴う。目標は一体のものである。それをしかし、二つの教育訓練の同種としてはっきり考えてみることは極めて大切なことである。

 たとえば一つの関心に基づいて、考え方を進めて、それが行き詰まる、そのときは、その関心を一度考え直してみる。そして新しい問いの出し方をして、考え方を進める。こういう態度は大切である。それを具体的に訓練してやらなけば、本当に思考する世界に人間をいれることはできないのではないか。
 次にはもう少し具体的な事例で考えてみよう。(未完。次号へ)

« 考えさせるということ | トップページ | 「新教育と映画」(1950) »

思考の訓練について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162099/16023401

この記事へのトラックバック一覧です: 関心のもち方を整理すること:

« 考えさせるということ | トップページ | 「新教育と映画」(1950) »