最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 教育の実験的研究について | トップページ | 第二次大戦後の教育思想・教育研究について »

2007年7月31日 (火)

教育調査について

日本近代教育史事典(平凡社1971)p619
教育思想・教育研究/教育調査
 
 戦前は教育調査という言葉はほとんど使われなかった。学校調査という概念が使われていた。それは学校活動を実証的に分析するために資料を収集し、それに基づいて評論をする一連の活動をさしていた。戦後「教育調査」という言葉が使われるようになってもその基本的な考え方には変わりはない。ただ学校活動と限らずさまざまな教育に関する問題に対してその実態を明らかにするデーターを収集し、これを分析して評価することを調査とよぶようになっている。いわば実証的な研究の対象が拡がったものと見ることができる。
 戦後最も早く行われた調査は、「日本人の読み書き能力調査」で、現在の国立教育研究所の前身の教育研修所が行なった。これは文盲調査といわれるもので、サンプルをとって日本人全体の文盲率を出そうとしたものである。
 これとは多少異なるが、戦後最も大きい関心をもたれているのが学力調査である。その最初は日本教育学会が昭和26年に行なった義務教育終了期における基礎学力の調査であった。昭和27年(1952)からは国立教育研究所で全国にわたる学力調査が行なわれ、その後文部省にひきつがれて続けられている。この調査も日本人全体の学力水準を出そうという点では、一種の文盲調査と似たところがある。しかし一方、個々のケース、例えば学級や学校、場合によっては個人をとってその学力の診断をしようという考えもないわけではない。前のような考え方は統計学・推計学の利用を重くみるが、後者の場合にはむしろ分析のプロセスに重きを置き、個々のケースの類型化やその評価に力が入れられる。教育調査の基本からいえば後者の方が本筋で前者はその過程において存在するものといえよう。
 戦後、学校教育、社会教育の分野を問わず、またその教育活動の種類を問わず非常に多くの調査が行われているが、そのデーターの収集から解釈、評価に至る一連のプロセスが、まだ真に科学的な方法論として成立していないのが現状である。(矢口 新)

« 教育の実験的研究について | トップページ | 第二次大戦後の教育思想・教育研究について »

日本近代教育史事典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162099/15959505

この記事へのトラックバック一覧です: 教育調査について:

« 教育の実験的研究について | トップページ | 第二次大戦後の教育思想・教育研究について »