無料ブログはココログ

関連サイトとブログ

« 13.10年ぶりに再開します! | トップページ | 15. トイレのサンダルの話 »

2017/05/24

14. 明日をひらく教育に情熱をそそいで

Photo_13 表題は、矢口新(やぐち はじめ)の指導を受けていた企業人、学校関係者、そして能力開発工学センター所員で構成される研究会「能力開発工学研究会」の機関誌「アドヴァンス・サロン」27号のタイトルです。矢口の亡くなった1年後の1991年4月に発行したもので、サブタイトルに「矢口新先生の行動と言葉の記録」とあり、矢口と関係のあった60人が、矢口との関わり、人となり、思い出を語っています。

 ブログ「教育フロンティア矢口新」では、教育研究者として矢口が目ざしたことを矢口の著作を基に紹介してきましたが、これからは矢口と関わった多くの人たちからの情報も交え、広い視点から矢口を捉えていきたいと思います。
 今回は、その矢口の追悼号ともいえるアドヴァンス・サロン27号の冒頭に、研究会事務局長の井手勝さんが書いた『はじめに』を紹介します。
 井手さん(故人。元NEC航空路管制システム本部本部長、元東京アプリケーションシステム株式会社社長)は、矢口の提唱した「プログラム学習」を「コンピュータのプログラムの学習」と間違えて矢口のもとを訪れたところ、その考え方の面白さにはまって、弟子入りしたというエピソードの持ち主で、後に能力開発工学センターの常務理事も務められました。

井手さんは「この追悼号は思い出に耽るためのものではありません」と、矢口の志を継いで活動していく覚悟を語っていますが、その思いは、任意団体となった現在の能力開発工学センターにも引き継がれています。

————————————————————————————
明日をひらく教育に情熱をそそいで〜矢口新先生の行動と言葉の記録〜 
(1991年4月 「アドヴァンス・サロン」第27号より抜粋 )

はじめに

 矢口先生が亡くなって早や一年が経ちました。“棺を覆うて後、事現わる”のたとえの如く、先生が私達に残されたものの重さ、大きさが次第に感じられてきました。
 山積する教育問題の解決に次々と立ち向かい、倦むことなく実践し続けた矢口先生の革新のエネルギーのただならなさは、改めて私達を驚かせます。
 荒廃した現在の教育情況を改革するために、今こそ限りない情熱を多くの人々のものとする必要があるのではないか。このような祈りをこめて、先生と行動を共にされた方々に、矢口先生の行動と言葉の記録をご執筆いただきました。
 ですから、この記録は単に矢口先生の思い出にふけるためのものではありません。矢口先生の心を広く伝えて、教育革新への輪を広げて行くためのものです。
 どうぞ、そのようにご利用いただきますようお願いいたします。

 1991年4月      矢口新先生顕彰特別事業実行委員会 副委員長  井手 勝


« 13.10年ぶりに再開します! | トップページ | 15. トイレのサンダルの話 »

お知らせなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162099/65323657

この記事へのトラックバック一覧です: 14. 明日をひらく教育に情熱をそそいで:

« 13.10年ぶりに再開します! | トップページ | 15. トイレのサンダルの話 »