無料ブログはココログ

関連サイトとブログ

トップページ | 2.プロフィールに代えて… »

2006/01/11

1. はじめに

0

矢口 新(1913—1990)
新は「はじめ」と読む。
教育学者である。
研究室で文献に埋もれて研究するというのではなく、
常に現場で教育を創造し、実践し続けた人である。

今日、矢口新を知る人はほとんどいない。
教育の世界で彼の業績を取り上げる人はいない。

「30年早すぎた男」といわれた。
現在教育の現場で問題にされていること、
それらを30年前に見通して、
その解決の方向を提案、研究していた。
学力問題,総合学習,協調学習
Eラーニング,シミュレーション
現場力,論理思考力
コミュニケーション力
そして脳の働き

「今、生きているか」が口癖だった。
「今生きている場」の中で「生きるための要素」をとらえ
その力を磨く学習=行動をする。
行動するのは、学習者自身。
「教育」ではなく「学習」でなければならないと言い続けた。

現実の場から教育を考える。
それは現実をそのまま肯定するということではない。
「今ある姿」をもとに「あるべき姿」を構想し、
そこにいたる道を創り出していく。
創り出すための方法は「脳行動学に基づく行動分析」。
「脳の働き」をとらえて「脳の働かせ方」を工夫する 。
 
脳行動学(学問として認知されていないかもしれない)、
彼の前にそうしたものの見方をしている人を知らない。
(浅学ゆえかもしれないが・・・) 

いまなぜ矢口新を取り上げるのか…

矢口新が示した方向、創り出したもの、
それらの中にこれからの教育の向う道があると私は感じている。
まだまだその全貌はとらえられないが、
矢口新の仕事を掘り起こしていきたい。

トップページ | 2.プロフィールに代えて… »

お知らせなど」カテゴリの記事

コメント

矢口新に関連する文献資料を随時、掲載します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162099/8104332

この記事へのトラックバック一覧です: 1. はじめに:

» 63. 社会科教材映画「綿紡績シリーズ」の意味(5) [映像力]
?■現実のシミュレータとして  最後にもう一つ、この映画の活用について。この映画が実際に学校でどのように活用されたかというデータは残っていません。この映画の実質的な作者でもあった矢口新からも聞いていません。ただ、例の第3編「工員の仕事」は、矢口が国立教育研... [続きを読む]

トップページ | 2.プロフィールに代えて… »